メンバー紹介

MUKWANOメンバー

代表・発起人 永谷(ファイゲンバーム) 裕香

代表・発起人 ファイゲンバーム(永谷)裕香

大学在学中、2度ウガンダ共和国に滞在し、ウガンダに惹かれる。 大学卒業後、(株)テレビ西日本(福岡)にて、約5年半アナウンサーとして勤務。退社後、2004年10月からウガンダで小学校の教諭、あしながウガンダ(エイズ 遺児のケアホーム)での活動に携わりながら、ウガンダ・ラカイ県の調査を行う。

2004年チャイルドケアワーカー取得。仲間と共に、2006年4月 「MUKWANO ムクワノ」を発足。TBS「ニュースバード」のキャスターやフリーアナウンサーとして働きながら、MUKWANOの絵画展や講演などを行う。2009年イギリス ブラッドフォード大学、アフリカの平和と紛争学修士号取得 、東京大学大学院 総合文化研究科、地域文化学科(国際貢献)修士号取得。

ブログはこちら

副代表 青野 文子

副代表 青野 文子

2004年、友人である代表のファイゲンバーム裕香から初めてエイズ遺児の話を聞き、衝撃をうけました。何かできることはないかと始めた活動です。

時を経て、出産し、子育て、と私自身のステージは変化していますが、「今自分ができること」をモットーに活動しています。微力ながら、全国の皆さんからいただくあたたかい力を、子どもたちの元に届けるお手伝いができて幸せです。

理事 有江 祥子

理事 有江 祥子

ウガンダのエイズ遺児の深刻な問題を、MUKWANOとの出会いで初めて知りました。現地が必要としている支援は限りなくあります。現地スタッフ、日本のサポートメンバーと協力しながら、これからも継続した支援をしていきたいです。現地で会った子どもたちの笑顔を思い出しながら頑張ります。

田中 涼子

田中 涼子

2012年ケニアに母子で行きました。その時、キベラスラムに住む子ども達が、東日本大震災で被災した人々の為に祈りを捧げる歌を歌ってくれていることを知り衝撃を受けました。日本に住む被災者を思い涙を流しながら祈ってくれていたのです。私も世界中の子ども達の為に出来る事はないのか探し始めました。

ウガンダのエイズ遺児に、生きる喜びや笑顔が持てるよう微力ながら応援していければと思っています。

監事 松原 妙子

監事 松原 妙子

警固法律事務所

サポートメンバー

MUKWANOの活動に協力してくれるサポートメンバーたちです。

本田 幸久

本田 幸久

あだ名:たけちよ。大学在学中(2005年4月ー2006年3月)に、ウガンダに滞在し、あしながウガンダにて1年間 のボランティア活動をする。その時に裕香さんと出会い、1ヶ月ラカイ県にも滞在。帰国後より、MUKWANOの活動に参加。現在は、埼玉県の特別養護老人ホームにて勤務。

小林 祐介

小林 祐介

このホームページを見てMUKWANOの子どもたちへの想いを現実化していくことを手伝えればと思って参加しています。

MUKWANO名の由来でもある”愛情”と、”勉強できる機会”を与えれば、どの子も立派に成長できる力を持っているはずです。一人でも多くの子に、生まれてきてよかったと思えるような手助けができればと思います。子どもたちにもいつか会いに行きたい!

鈴木 麻美

鈴木 麻美

大学時代から「いつかは貧しい国の子どもたちのために仕事をしたい」と思い続け社会人2年目に偶然このMUKWANOと出会いました。

一度ウガンダを訪問しそのときの子どもたちの笑顔が忘れられず活動に参加しています。その時の気持ちを忘れずに一生問題意識を持ち続けて行きたいと思います。

レポート

2008年7月レポート

横山 記代子

横山 記代子

2009年初めてMUKWANOホームを訪問し、子どもたちとの時間をすごしました。きびしい現状がある中でも子どもたちの自然な笑顔はとても印象的であり、日々のパワフルな生活を知り圧倒されました。

この機会の中で自分も成長できたら、また自分の生活の中でも周りの人たちと少しずつでも共有できていけたらと思います。

伊南 幸恵

伊南 幸恵

ウガンダについてほとんど知らなかった私ですが、今できることからやってみよう!そう考えながら参加しはじめました。

まだまだ微力ながら、MUKWANOの活動を通して知ったこと、感じたことはたくさんあります。それを自分の周りから少しずつでも伝えていければと思います。

観世 美貴子

観世 美貴子

2007年にウガンダへ行き、子どもたちと一緒に過ごしました。
多くの子どもたちの健やかな未来のために、現実を少しでも良い方向へ改善できるよう活動していきたい。

本田 幸久

永谷 晃子

「平和を歌うシンガーソングライター」として、音楽活動をしています。代表のファイゲンバーム(永谷)裕香さんと同じ苗字だったことがきっかけで活動に参加させていただくようになりました。

音楽を通じて私にできることを日々考えながら、MUKWANOの皆様とその活動のお役に立てればと思います。

ホームページはこちら

伊東

松井恵理

2007年9月にウガンダを訪問し、厳しい環境で生きる人々を見て、なにか力になりたいと感じ、MUKWANOの活動に参加しています。

微力ですがなにか変えていければと思っています。ウガンダやMUKWANOを通じて、いろいろな方に出会えるのはとても楽しいです。

松 紀枝

松 紀枝

大学時代、バックパックを背負ってアジア・アフリカ各国を旅していた時に、MUKWANOに出会いました。様々な問題を抱えた人生さえも、ダンスや音楽で明るく彩るウガンダの人々の逞しさと快活さ、自然と共にある暮らしに魅了されました。

2007年よりMUKWANOのサポートメンバー。東京女子大学大学院文学修士号取得。

小川 光一

小川 光一

1987年東京生まれ。2009年からMUKWANOに関わり始め、ウガンダには2度渡航している。社会問題を見つめたドキュメンタリー映画の監督や、被災地にて活動するNPO法人の最年少理事など、多岐に渡って活動を展開中。

堀川 麻里

堀川 麻里

*順不同

 Special Thanks

募金箱を置いていただいています

*その他たくさんの方にご協力いただいています