ウガンダでの活動

ウガンダでの活動

MUKWANOは、ウガンダのラカイ県に、ホーム・スクールを建設、 親をなくした子どもが生活できるホームと、保育園と基礎教育が受けられるホームスクールの運営支援をしながら、スクールへ通う約180人の子どもに対して給食や教育の支援をしています。

また、ラカイ県にまだ多数ある「子どもだけで住む家」のリサーチを行い、家の修復活動、遺児への食料支援、エイズ撲滅へ向けた啓蒙活動や避妊教育など、地域へも積極的に働きかけています。

活動報告

2016年4月 教科書の追加購入
2016年3月 図書館利用に関するワークショップを開催
2016年1月 図書館と教育棟2棟の完成
2015年7月 蚊帳の追加購入
2015年6月 図書館と教育棟の建設着工
2012年11月 マットレスや蚊帳の追加購入
2011年9月 首都カンパラへの遠足を実施
2011年6月 ホーム周辺の遺児家庭の家の修復作業
2011年5月 子ども家長世帯の調査
2010年10月 スタッフ棟の建設完了
2010年4月 スタッフ棟の建設着工
2009年9月 植樹
2009年4月 初めての動物園への遠足を実施
2009年4月 ホームスクールで使用する教科書の一部購入
2008年11月 Mother Handコンサートの収益で水タンク、机など設置
2008年10月 子ども用トイレ完成
2008年4月 子ども用のバスルーム完成
2008年4月 子ども用のバスルームとトイレの工事スタート
2008年3月 ソーラーシステム導入、HOMEのリーダーSsenkima氏とスタッフのGeoffrey氏がAICADの農業研修に参加、農具の購入
2008年2月 ホームスクールスタート(保育園から小学6年まで)
2007年12月1日 Samanyaの丘にてMUKWANO ホーム竣工式
2007年12月 ホームに子どもたちが入居
2007年5月 MUKWANOホームと教育棟の建設着工
2006年4月 ムクワノ発足(当時はカタカナ表記)。
2005年11月 ラカイ地区 計50人の子どもたちへ衣類と文房具を渡す
(※尚、個人で衣類などを送付して下さった方もいます)
2005年8月 カボワ地区のスラム街の小学校に、4枚の黒板の贈呈
2005年6月 ラカイ地区とカボワ地区  計50人の子どもたちへ衣類と文房具を渡す
2005年5月 ラカイ地区 計100人の子どもたちへ文房具を渡す
2005年2月 ナンサナ地区とラカイ地区  計300人の子どもたちへTシャツを渡す (1人1人に直接プレゼント)。 Have Mercy Orphanage schoolにて、「アートクラス」をスタート。現在は、ウガンダ人の先生が、教えています。
2004年12月 ナンサナ地区  計100人の子どもたちへ文房具の贈呈(1人鉛筆1本ずつ。他の文房具に関してはクラスに配布) 同時にSt.Joseph P/Sにて、「アートクラス」をスタート。

事業報告書

ホーム/スクール

ホーム/スクール建築ヒストリー